大腸カメラ(大腸内視鏡検査)

大腸カメラについて

大腸カメラ内視鏡スコープを肛門から入れて、大腸粘膜全域を調べます。大腸がんは自覚症状が乏しく、自覚した時には既に病状が大きく進行していることもあります。しかし、大腸カメラ検査を定期的に受けることで、大腸がんの早期発見・早期治療を実現できます。
また、がん化リスクがある大腸ポリープを発見し、すぐに切除することも可能です。当院では、患者様になるべく苦痛を与えないよう注意し、安心安全で正確な検査を実施しますので、遠慮なくご相談ください。

下記のような症状は
起こっていませんか?

  • 腹部の膨満感
  • 残便感
  • 長引く便秘
  • 細い便が出る
  • 排便回数が増えた
  • 血便
  • 下痢の頻発
  • 便潜血検査で陽性となった
  • 急激な体重が減った
  • ご家族に大腸がんの罹患者がいる

など

大腸カメラで
発見される代表的な疾患

など

当院の
大腸カメラ検査の特徴

熟練の医師が大腸カメラを担当します

大腸カメラ当院では、日本消化器内視鏡学会認定の消化器内視鏡専門医が大腸カメラを担当します。
最先端の内視鏡システムと熟練の技術によって、時間をかけずに正確な検査を行います。また、患者様へなるべく苦痛を与えないような形で検査を進めます。
さらに、検査で大腸ポリープが発見された場合は、すぐに取り除くことができます。

鎮静剤を使用した苦痛が起こりづらい検査を行います

鎮静剤当院では、鎮静剤を使って大腸カメラ検査を実施しますので、リラックスした状態で検査を受けて頂けます。

最先端の内視鏡システムを採用しています

検査機器当院では、オリンパス社が開発した「EVIS X1」という最先端の内視鏡システムを採用しており、正確な検査を実現しています。
小さな病変でも見逃すことがなく、時間をかけずに高精度な検査が可能です。

NBI

がん細胞が増殖する際は、多くの栄養素と酸素を消費します。なので、がん細胞の周辺に毛細血管が集中する傾向にあります。発症間もないがんは、通常光で発見することは難しいですが、NBIの観察モードを使うことで、血管の分布を詳しく確認することが可能となり、大腸がんの早期発見に繋がります。

ワイドアングル

消化管は湾曲しており、ヒダやシワがたくさんあります。これにより、死角ができて小さな病変を見逃す恐れがあります。当院では、病変を見逃さないようにするため、広い視野角を持つワイドアングル機器を使っています。

内視鏡検査の際に炭酸ガスを送気します

二酸化炭素大腸カメラの際には気体を注入して大腸を広げます。この際、多量の空気を注入するため、検査後も激しい膨満感や不快感が消えない場合があります。
当院では、空気の代用として炭酸ガスを使用することで、検査後の激しい膨満感が起こらないようにしております。
炭酸ガスは空気よりも吸収率が200倍程度高く、吸収されると二酸化炭素に変化して、吐息と一緒に体外に出ます。

院内に下剤が飲めるスペースを完備

下剤スペース院内の専用スペースで、下剤の服用が可能です。ご自宅での下剤の服用が不安な方はお気軽にご相談ください。

土日や早朝も大腸カメラを行っています

当院では、日中や平日はご多忙な方でも大腸カメラを受診できるように、土日や早朝の検査も承っております。大腸がんの早期発見のために、1人でも多くの患者様が大腸カメラを受診できるよう努めておりますので、一度ご相談ください。

胃カメラ・大腸カメラを同日に行うこともできます

当院では、胃カメラと大腸カメラの同日検査も行っております。お仕事などでお忙しく何度もお越し頂くのが困難な患者様は一度ご検討ください。

リカバリースペースを完備しています

リカバリー室検査後は身体の状態が落ち着くまで、リカバリースペースで休憩して頂きます。
ストレッチャーでお連れしますので、検査後の疲弊した状態で移動をお願いすることはありません。鎮静剤がしっかりと切れるまで、リラックスしてお過ごしください。

大腸ポリープ切除を行っています

ポリープ大腸カメラ検査中に大腸ポリープが発見された場合は、原則としてすぐに取り除きます。
入院が必要なほど巨大なポリープについては、連携先の高度医療機関にお繋ぎしております。
抗血栓薬を飲んでいる患者様は、内服のコントロールが必要となるため、詳しくは担当医へご相談ください。
ご不明点などあれば、遠慮なくお申し付けください。

大腸ポリープ切除

男女別に更衣室を完備しています

当院では、男女別に更衣室を完備しています。検査の前後に検査着へお着替えする際も、どうぞご安心ください。

半個室の内視鏡待合室を完備しています

当院では、半個室の内視鏡待合室を設けています。内視鏡検査では検査着にお着替えをお願いするため、患者様のプライバシーを尊重し、着替えが終わりましたら半個室の待合室で待機して頂きます。女性の患者様もお気軽にご相談ください。

田町駅・三田駅から近くアクセスしやすい場所にあります

当院は田町駅徒歩4分、三田駅徒歩6分とアクセスしやすい立地にございますので、ご来院の負担が少ないクリニックです。

アクセス

大腸カメラの
流れについて

1初めに予約をお取りください

当院で大腸カメラ検査を希望される方は、事前に予約をお取りください。

2前日

おかゆ

前日の3食の食事は消化しやすいものとしてください。
当院では、検査前食も準備しております。夕食は夜9時までに済ませてください。食事メニューについては事前にご案内いたします。
夕食が終わりましたら、薄めのお茶や水などの無糖かつ透明な飲み物を飲んでください。
また、院内下剤の患者様以外は、就寝前に決められた下剤を飲んでください。

3当日の朝

飲み物

牛乳、コーヒー、お酒は飲まないでください。薄めのお茶や水などの無糖で透明な飲み物であれば飲んでも構いません。日頃から飲んでいるお薬については、医師の指示を守って服用してください。

4下剤の内服

下剤

検査を始める5時間前に下剤を飲んで頂き、検査開始30分前までにお越しください。原則として下剤はご自宅で飲んで頂きますが、心配な方は院内で飲んで頂くことが可能です。当院では半個室の飲料スペースを確保しており、個々にトイレが使用できる環境も備えております。院内下剤の患者様はお約束の時間までにご来院ください。
なお、検査で鎮静剤を使う場合は、自動車やバイク、自転車の運転を控えて頂きますので、ご来院にあたっては公共交通機関の利用もしくはご家族に送迎を依頼してください。

5検査前

検査着へお着替えをお願いいたします。鎮静剤を使う場合は、検査直前に鎮静剤を投与します。

6検査

大腸カメラ

検査は15~30分程度で終了します。なお、検査でポリープ切除や組織採取をした場合は、追加で少々お時間を要します。

7検査終了後

内科

検査終了後は、医師より検査結果をご案内いたします。鎮静剤を使った方は、お薬の効果がしっかりと切れてからご説明いたします。検査中にポリープ切除や組織採取をした場合は、当日の注意点などもご案内いたします。病理検査を行う場合は、結果が出るまでに7~10日必要ですので、別日に改めてお越しください。検査後1時間経ってから、飲食が可能となります。
なお、ポリープ切除や組織採取をした場合は、3時間後からにしてください。また、当日の激しい運動や遠隔地への移動も控えてください。検査後1週間程度は、運動や食事に制限がありますが、詳しくは医師よりご案内いたします。

大腸カメラの費用

  1割負担 3割負担
大腸カメラのみ 約2,500円 約7,500円
大腸カメラ+病理検査 約3,000円~約5,000円 約9,000円~約15,000円
ポリープ切除 約7,000円~約13,000円 約21,000円~約35,000円

※あくまで目安のため、別途初診料などがかかったりなど、患者様の状況によって変わります。分からないことなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。
※大腸ポリープ切除を実施した場合、内視鏡手術として生命保険還付金が承認されることもあります。医療保険や生命保険に加入されている方は、各自保険会社までお問い合せください。